審美歯科、予防歯科、インプラントの事なら近鉄二上駅徒歩5分のいわい歯科クリニック

近鉄「二上駅」より徒歩5分 TEL.0745-43-6870スマートフォンサイト

医院案内・機材紹介・料金案内

医院案内

▲マウスをクリックすると拡大されます

機材紹介

最新鋭のCT

いわい歯科クリニックでは最新鋭のCT機器を導入しています。この1台でパノラマ撮影、セファロ撮影、CT撮影が可能です。最新のデジタルテクノロジーを駆使し、より少ないX線照射線量で撮影が可能に。さらに様々な角度から患者様のお口状態を観察する事ができ、患者様にも目で見える分かりやすく、適切な治療をすすめる事ができます。
  • 最新鋭のCT
  • 最新鋭のCT
  • 最新鋭のCT

無痛治療について

当院では「痛い、怖い」という心身の苦痛を、できるだけ軽くするための無痛治療に取り組んでおります。治療の痛みをやわらげるための麻酔にもその考えを取り入れ、各種器具を組み合わせて使用することで、限りなく痛みの少ない麻酔注入を実現しています。
電動注射器
電動注射器
麻酔液を急いで注入すると、強い痛みを引き起こします。そこで、一定の力でゆっくりと麻酔液を注入するために、当院では電動式の麻酔注射器を使用。手作業での麻酔注射よりも、痛みや不快感を軽減することができます。
カートリッジウォーマー
カートリッジウォーマー
冷たい麻酔液を注入すると、歯茎に不快感や痛みを覚えてしまいます。当院では麻酔液を人の体温と同じくらいに温めて保温する「カートリッジウォーマー」を導入。麻酔液の注入を、違和感なく受け入れることができます。
極細麻酔針
極細麻酔針
麻酔注射の針は、太ければ太いほど刺すときの痛みを強く感じるものなのです。当院では、刺入の際に痛みをできるだけ感じなくて済むよう、現在市販されている麻酔針の中で、最も細い「33G」を使用しています。

滅菌へのこだわり

血液や唾液中には、さまざまな細菌・ウイルスが潜んでいるもの。歯科医院で使用する器具には血液や唾液が付着する処置が多いため、消毒・滅菌を十分におこなっています。また手袋や紙コップ、エプロン、注射針、麻酔液などは患者様お一人ごとに使い捨てにしています。

高圧蒸気滅菌器
高圧蒸気滅菌器
滅菌とは、すべてのウイルスや細菌を死滅させること。ドリルやノズルといった口の中に入る治療器具は、内部が高温高圧になる「オートクレーブ」という機器を使って、一回使用するごとに滅菌処理をおこないます。
超音波洗浄機
超音波洗浄機
治療器具は、滅菌器にかける前に超音波洗浄をおこないます。消毒液を満たした超音波洗浄機の中で、通常の洗浄では落としきれない血液などを洗浄・消毒。手洗いでは行き届かない、器具の内部や細部まで除去します。
滅菌パック
滅菌パック
治療に使う器具の「基本セット」は、個別包装の滅菌パックで保管して、衛生状態を保ちます。患者様お一人ごとに1パックずつ使用し、それぞれ治療の直前に開封。しっかりと滅菌された清潔な器具を使います。

その他の機材

口腔内カメラ
口腔内カメラ
歯科用カメラ
歯科用カメラ
Gライトプリマ
Gライトプリマ
トライオート
トライオート
バリオス
バリオス
拡大鏡
拡大鏡
アルジネート練和器
アルジネート練和器
タービン注油器
タービン注油器
電気メス
電気メス

料金案内

保険治療について 当院は各種保険治療を行うことができる保健医療機関です。お気軽にお問い合わせ下さい。

自費治療 料金表

※表示金額には消費税は含ません。

自費再診料   1,200円
詰め物 セラミックインレー 50,000円
ハイブリッドインレー 30,000円
ゴールドインレー 50,000円
かぶせ物(前歯) ジルコニアクラウン 150,000円
オールセラミッククラウン 120,000円
メタルボンドクラウン 100,000円
ラミネートべニア 100,000円
かぶせ物(奥歯) ジルコニアクラウン 150,000円
オールセラミッククラウン 120,000円
メタルボンドクラウン 120,000円
ゴールドクラウン 100,000円
レジン前装冠クラウン 60,000円
ホワイトニング ホームホワイトニング 30,000円
オフィスホワイトニング 30,000円
ホーム+オフィスホワイトニング 50,000円
義歯 金属床(コバルトクロム) 総入れ歯 350,000円
金属床(コバルトクロム)部分入れ歯 300,000円~
アタッチメント マグネット(磁石)などの義歯の維持を求めるための装置 一歯あたり 50,000円
その他 コンポジットレジン充填 一歯あたり 20,000円
歯周病に対する再生療法 一歯あたり 50,000円~
100,000円
歯肉移植術や根面被覆術 一歯あたり 50,000円~
100,000円

インプラント
<必ず必要な費用>
CT検査(骨の3次元画像検査、診断費も含む) 20,000円
※下記のいずれか必要になります
○インプラント埋入料(1本)
○小範囲の骨造成を伴うインプラント埋入料(1本)

250,000円
300,000円
※下記のいずれか必要になります
○支台装置(アバットメント)
○支台装置(カスタムアバットメント)

20,000円
50,000円
※症例によって下記のいずれか最適な方を選びます
○上部構造(メタルボンド、ゴールド、ハイブリッド)
○上部構造(ジルコニア)

100,000円
150,000円
インプラント
<症例によって必要なオプション>
GBR / 1部位あたり
(インプラント時に顎の骨を増やす手術)
100,000円
ソケットリフト / 1歯あたり
(上あごの骨が少ない方の手術)
50,000円
サイナスリフト / 1部位あたり
(上あごの骨がかなり少ない方の手術)
200,000円
セデーション
(麻酔専門医が全身の管理を行い、気持ちをリラックスさせる麻酔法)
100,000円

保険と自費の違いについて

健康保険が使える診療では、治療費を安く抑えられます。一方、健康保険が適用されない自費治療は、全額自己負担に。ただし保険診療のように素材や治療法に対する制限がないため、患者様一人ひとりの症状や生活スタイルに合わせた高度かつ的確な治療が可能になります。

素材の違い

自費
耐久性や体への安定性が高い素材を使うことができます。
保険
最低限の機能回復が目的なので、使用できる素材が制限されます。

型どり前の処置の違い

自費
土台の境界をはっきりさせるため、歯と歯肉のすきまに糸を入れる歯肉圧排をおこないます。
保険
自費診療のような手間のかかる行程はありません。

型どりの材料の違い

自費
高い伸縮性と引き裂き強度を持つ、変形しにくいシリコン印象材を使います。
保険
湿度によって変形しやすい寒天の印象材が使われます。

かぶせ物の精度の違い

自費
手間と時間をかけ、患者様ごとにきちんと合ったかぶせ物をつくるので、歯垢が付きにくくなり、良い状態を維持しやすくなります。
保険
限られたコストでかぶせ物をつくるため、歯肉との隙間に汚れが付着しやすいというリスクが考えられます。

機能性・耐久性の違い

自費
耐久性を考慮しつつ、患者様に合った素材や方法を選べるため、天然歯のように違和感のない使い心地を得られます。
保険
様々な制限があるため、金属アレルギーリスクがある素材を使わざるを得ない場合もあり、治療内容によっては破損しやすいものもあります。

見た目の違い

自費
自然な仕上がりで、治療の痕跡を他者に気づかれることがほとんどありません。
保険
口を開けた際に、銀歯や入れ歯のバネなど治療の痕跡が見えます。

 

Copyright© 2014 いわい歯科クリニック. All rights reserved.