審美歯科、予防歯科、インプラントの事なら近鉄二上駅徒歩5分のいわい歯科クリニック

近鉄「二上駅」より徒歩5分 TEL.0745-43-6870スマートフォンサイト

診療科目

一般歯科

一般歯科

むし歯は自然に治ることはありません。できるだけ簡単な治療で済むよう、早い段階での来院がおすすめです。また進行したむし歯には、根っこの治療(根管治療)が必要となります。自分の歯を残すための土台として、精度の高い根管治療をおこないます。

むし歯とは

お口の中に存在するむし歯菌(ミュータンス)が、磨き残しのプラーク中に定着すると、摂取した糖を栄養として分解し酸を発生させます。その酸によって歯が脱灰していく現象をむし歯といいます。

一度むし歯になり溶けてしまった歯は再生することはありません。
初期のむし歯(C0~C1)ではフッ素を塗布しブラッシング指導するなど予防処置を徹底し経過観察する場合もありますが、ある程度進行すると(C2~)さらなる進行を食い止めるためにむし歯で感染した部位は物理的に削り取らなければいけません。そして削った部分は人工物にて修復をしなければなりません。

むし歯になりやすい人なりにくい人、虫歯リスクには個人差がありますが、どんな高価な材料も天然の歯には勝りませんので予防を徹底し最大限ご自身の歯を守る、むし歯ができてしまった場合は早期に適切な治療を行うことが大切なのです。

虫歯の好発部位

虫歯ができやすい所=磨きにくく汚れが停滞しやすい所
咬合面→咬合面の溝、隣接面→歯と歯のコンタクトしている直下、歯頚部→歯と歯茎の境目
こういった部位がむし歯ができやすいのです。特に歯並びの不正度合いが強く、歯が密集しているような状況において隣接面はむし歯になりやすく、治療するとなると大きく歯を削って、金属の詰め物(保険適応の場合)が入るようなことにならないように予防に努めることが重要になります。

Copyright© 2014 いわい歯科クリニック. All rights reserved.