審美歯科、予防歯科、インプラントの事なら近鉄二上駅徒歩5分のいわい歯科クリニック

近鉄「二上駅」より徒歩5分 TEL.0745-43-6870スマートフォンサイト

診療科目

小児歯科

小児歯科

「生え変わるから」と軽んじられがちな乳歯のむし歯。乳歯も噛む・発音するという大切な役割を担っているため、放っておくとお子様の健やかな成長を妨げてしまいます。幼いうちからきちんとケアすることで、お口のトラブルがない人生を目指します。

乳歯の役割

乳歯はどうせ抜けると思っていませんか?  乳歯は、一定期間使うと永久歯に生え替わります。短い期間に子供の成長において多くの大切な役割を果たしています。乳歯の役割は大きく3つあります。
1つ目は「噛むこと」です。 
よく噛むことは、子供の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つと言われています。
2つ目は、「発音」です。 
たくさんの言葉を学習する幼児期は、歯が健康であることで正しくキレイな発音が可能になります。  
3つ目に、「永久歯の誘導」です。
乳歯から永久歯に生え変わる時期には、乳歯の根は吸収されて次に生えてくる永久歯を誘導します。 そのため、乳歯が早期に虫歯で脱落していると不正咬合の原因になる場合があります。
このように大切な役割がある乳歯を、虫歯のまま放置しておくことは、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性を秘めています。虫歯予防に努め、虫歯になってしまったら早めに当院までご相談下さい。

 

歯磨き(ブラッシング)指導

毎日歯磨き(ブラッシング)をしていても、正しくおこなえていなければ意味がありません。
当クリニックではお子様一人ひとりの口腔内に合った正しい歯磨き(ブラッシング)方法を指導しております。 お子様の歯磨き(ブラッシング)のクセを見直すことはもちろん、お母様の仕上げみがきのポイントなどもお教えします。

フッ素塗布

歯にフッ素を塗ることで歯が虫歯菌の作る酸に溶かされにくくなり、虫歯になりにくい強い歯(歯質)を作ることができます。
また、進行してしまった虫歯は自然には治りませんが、初期の虫歯は歯の再石灰化を促すことで治ることがあり、フッ素がこの働きを助けてくれます。
フッ素塗布とは、歯医者が高濃度のフッ素をすみずみまで歯に塗っていきます。
子供の歯(乳歯)だけでなく、生えてきたばかりの大人の歯(永久歯)にも効果的です。
フッ素塗布は1回だけでは効果が薄いので、4ヶ月毎に定期的な歯科検診時にフッ素塗布をおこない虫歯予防の効果を高めていきます。

シーラント

大人の歯(永久歯)に生えかわったばかりの奥歯には複雑な形をした深い溝があり、食べ物が詰まりやすい上に、ブラッシングもしにくくなっています。
シーラントとは、その溝をあらかじめ歯科用樹脂で埋めてしまい、食べ物を詰まりにくくする処置です。
また、シーラント剤にはフッ素含有のものがあり、徐々にフッ素を放出するので、汚れ防止だけでなく、フッ素による脱灰抑制と再石灰化促進効果も期待できます。

Copyright© 2014 いわい歯科クリニック. All rights reserved.