小児歯科・小児矯正

お子さんの歯を守るために

子どもの乳歯は永久歯に比べてやわらかく、むし歯になりやすいという特徴があります。また一度発症すると進行も早いため、大人以上に注意することが必要です。

香芝市の歯医者「いわい歯科クリニック」の小児歯科では、乳幼児期・学童期から歯を守っていくことを重視しています。むし歯の予防・治療はもちろん、正しい歯並び・咬み合わせへの誘導など、総合的にサポートしています。

また、お子さんに自然に通院する習慣を身につけていただけるよう、歯医者嫌いにならないための配慮も怠りません。一人ひとりのお子さんのお口の状況に合わせて、無理のないよう適切な予防処置や矯正治療を行っていきますので、ぜひご相談ください。

小児歯科について

小児歯科について

小児歯科ではお子さんのむし歯治療はもちろん、予防処置を行っています。むし歯になりやすいお子さんの歯は、毎日のブラッシングだけでは守ってあげられないからです。

乳歯が生え、抜け、そして永久歯に生え替わっていくお子さんのお口の中は、ブラッシングも難しく悪い環境になりがちです。小さなころから定期検診に通って、歯科医師や歯科衛生士によるチェックと専門的な処置を受ける習慣を身につけてあげてください。

虫歯にならないための取り組み
フッ素塗布 ブラッシング指導 シーラント
フッ素塗布 ブラッシング指導 シーラント
歯磨き剤にも含まれることの多いフッ素ですが、フッ素には歯質を強くし、歯の再石灰化作用を促す働きがあります。歯の表面に定期的にフッ素を塗布することで、むし歯になりにくい歯にすることができます。 ブラッシングは「している」のと「できている」のとではまったく違います。きちんと汚れを落とせるよう、一人ひとりのお口に合ったみがき方を指導します。ご家族の方には、仕上げみがきのコツをお教えします。 奥歯の表面の複雑な溝には汚れが溜まりやすく、むし歯になりやすいです。そこであらかじめその溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋め、むし歯を予防します。

小児矯正について

小児矯正について

近年歯並びが乱れるお子さんが多くなり、同時に矯正治療が必要なケースも増えています。矯正治療は大人になってからも行えますが、成長期にある子どものうちなら、より大きなメリットを得られます。当院では子どもの矯正治療を行っていますので、歯並び・咬み合わせが気になる場合にはお気軽にご相談ください。

⟨1⟩どうして歯並びは悪くなるの?

⟨1⟩どうして歯並びは悪くなるの?

最近のお子様は食べ物をしっかり噛まずに飲み込んでしまう子が多く、そのため顎が成長せず、大きくならずに歯が並びきらないことがあります。また、遺伝や指しゃぶり・頬杖などの悪習癖なども歯並びを悪化させる原因と言えます。子供たちの8割は口呼吸をしていると言われており、口呼吸をしている子供たちは口で息をするために舌の位置をそれよりも低い位置や、前の方に置くようになります。
すると喋り方がおかしくなったり、いつも舌が見えたり、食事の時にぺちゃぺちゃと音を立てて、よく噛まないで飲み込み、食べる速度も遅くなってしまいます。また口をポカンと開けている子供は、狭く前に尖ったV字型の歯並びになります。するとかみ合う下の歯列も狭くなり、ガタガタの歯並びになってしまいます。

⟨2⟩歯並びだけでなく呼吸機能も改善する矯正治療

⟨2⟩歯並びだけでなく呼吸機能も改善する矯正治療

口呼吸が原因となる不正咬合の場合、どのような矯正治療を行えばよいでしょうか。6~8歳のお子様であれば比較的簡単に治療することができます。急速拡大装置という固定式装置を使用し、上顎を成長させることで鼻腔(空気の通り道)も広がり、鼻呼吸がしやすくなります。呼吸の問題が良くなると舌は正常な位置に戻り、鼻呼吸になることで姿勢も良くなります。

⟨3⟩矯正治療は早い方がいい?

子どもの上顎の骨は、生まれてすぐをピークに急激に成長スピードが落ちていきます。そして7~8歳ころになると、すでに顎の成長はほぼ完了します。つまりそれ以降は、自然な顎の成長は考えられないといえるのです。
一方、下顎の骨の成長スピードは生まれた後一旦遅くなりますが、思春期には再びスピードを上げます。そこで、その時期までに上顎も適した大きさに広げておくことが必要になるのです。矯正治療は、始めるタイミングが重要です。まずはご相談だけでも、早めにしていただくことをおすすめします。

⟨3⟩矯正治療は早い方がいい?

⟨4⟩反対咬合の患者さまへ
反対咬合のデメリットについて
  • 前歯が前後、逆になっているため発音しにくい
  • 不正咬合のため、食事の際にうまく噛めず正常咬合の人に比べて消化不良を起こしやすい
  • 顎が正常に歯で固定されないため顎関節に負担がかかり関節周囲に痛みを伴うことがある

などいくつかありますが、最大のデメリットはかみ合わせのバランスが悪く、将来歯を残しにくいことです。80歳で20本歯を残している方の中に反対咬合・開咬の方は一人もいないというデータも取れています。前歯は奥歯を守る上で重要な働きをしていますので、それが機能していないと奥歯にとても負担がかかると言えます。

⟨5⟩上顎の発育チェック

上顎の発育が不十分である場合、歯並びに問題が起きがちです。次に挙げる項目に当てはまるものが複数ある場合、お子さんの上顎は発育不全であることが考えられます。

  • いつも口呼吸をしている
  • 風邪を引きやすい
  • ぜんそくなどのアレルギー症状が出やすい
  • よくいびきをかいている
  • 食べ物を水分で流し込んでいる傾向がある
  • 嘔吐反射が強い

このうち複数当てはまったなら上あごの発育不全が考えられます。

近年ではやわらかい食べ物が増えるなど食生活が大きく変化し、咬むことが減っています。これに伴い、上顎が正しく成長せず、歯がきちんと並ぶスペースがないために歯並びが乱れてしまう子どもが増えているのです。

下記の絵のように5人掛けのベンチに7人が座ろうとしているような状態です。これでは、正しく並びたくても並べません。

⟨5⟩上顎の発育チェック

では、7人全員座れるにはどうしたら良いでしょうか?答えはシンプル、ベンチを7人掛けのサイズにしてあげればいいのです。
お口に話を戻すと、顎を広げて、歯が正常に生える為のスペースを確保するという事です。

⟨5⟩上顎の発育チェック

⟨6⟩顎を広げる「顎顔面矯正(がくがんめんきょうせい)」

⟨6⟩顎を広げる「顎顔面矯正(がくがんめんきょうせい)」

当院では、顎を広げる治療である、「顎顔面矯正(がくがんめんきょうせい)」を行っています。これは、一般的な矯正治療である歯に力をかけて動かす治療とは違い、顎の骨に力をかけ、顎の大きさを広げていく治療です。
アメリカでは既に普及している治療法ですが、日本で行っているところはまだ多くありません。当院では子どもの矯正治療(1期治療)として、この顎顔面矯正を採用しております。

取り扱い装置

当院の顎顔面矯正の装置は、次の2タイプです。症例に応じて適したものをご提案します。

ハイラックス ファンタイプ
ハイラックス ファンタイプ
取り外せる床矯正との違い

上顎を拡大する装置として、患者様が自由に取り外せる「床矯正装置」と取り外せない「急速拡大装置」があります。
床矯正装置」は自分で取り外しができるため手軽で、衛生面でも優れていますが、その構造上、「正中口蓋縫合(せいちゅうこうがいほうごう)」を広げることはできません。

また歯に対しての力のかかり方が歯に対して斜めにかかるため、ガタガタの歯並びの場合、悪化させてしまうケースもございます。
固定式の「急速拡大装置」はベースとなる上顎自体が広がるため後戻りのリスクもなく、24時間作用し続けるため、床矯正装置で1年かかるところを2、3ヶ月で拡大することもできます。
また、いつでも外せる床矯正装置と比べ、固定式の「急速拡大装置」は、本人のモチベーションに左右されない、より確実な装置と言えます。